Azure が CSA STAR 認証のゴールド アワードを獲得

2016年10月24日 に投稿済み

Senior Director, Microsoft Azure

CSA STARこのたび、Azure が CSA STAR 認証を取得しました。Microsoft Azure は大手パブリック クラウド サービス プロバイダーのサービスとして唯一この認証を取得し、成熟度評価の最高賞であるゴールド アワードを獲得しました。

CSA STAR 認証は Microsoft Azure がお客様のニーズや適切な法的規制に準拠すると同時に、積極的に監視および測定を実施し、継続的に管理システムの効果を改善していることを評価するもので、お客様が安心して Azure をお使いいただけることの証明となります。また、Microsoft Azure は、訂正措置、顧客の苦情処理、問題解決のための体系的プロセスの実装などに関して、その努力と効果的手法が評価されています。

Microsoft Azure が取得した CSA STAR 認証の詳細は、CSA のサイトからダウンロードできます。この認証は、Microsoft Azure、Intune、Power BI に適用されます。追加情報については、Microsoft セキュリティ センターをご覧ください

メモ: Cloud Security Alliance (CSA) の Security, Trust & Assurance Registry (STAR) は、クラウド サービス プロバイダーが CSA 関連の評価を一般に公開できる無料の認証制度です。STAR 認証は独立した第三者がクラウド プロバイダーのセキュリティ ポスチャを厳格に評価するもので、ISO 27001 認証と CSA Cloud Controls Matrix (CCM) で定められた特定条件に基づき、業界で広く認められている ISO 27001 や PCI DSS、HIPAA、AICPA SOC 2、FedRAMP、NIST などのセキュリティ標準、規制、管理フレームワークに準拠していることを示しています。マイクロソフトはクラウド サービス プロバイダーとして ISO 27001 の適用要件に準拠し、CCM の定めに従ってクラウド セキュリティの重要な問題を解決し、CCM の管理分野でのアクティビティ管理について STAR Capability Maturity Model の評価を受けています。