Azure IoT Central の一般公開に関するお知らせ

2018年9月24日 に投稿済み

Principal PM Manager, Azure IoT

IoT を単純化するという当社の探求は、クラウドについて何も知らずに IoT を利用したいお客様にまで広がっています。Azure IoT Central の一般公開 (GA) について発表することを大変嬉しく思います。IoT Central によって、IoT ソリューションの運用、管理、セキュリティ、スケーリングという主要な複雑性が抑止されるので、クラウド ソリューションの専門知識を必要とせずに、接続された製品ビジョンをより早く実現することができます。組み込みの分析を備えた完全に管理されたソリューションを活用して、デバイスを接続し、デバイス上で監視ルールを設定し、すばやく結果を取得して、迅速な見通しを立てます。

お客様は、高可用性 SLA に裏打ちされた多くの新機能を使用する IoT Central であらゆる規模の運用ワークロードを実行し、実績のあるエンタープライズ レベルのサービスを構築することができます。IoT Central のお客様は、既存のデバイス テンプレートを再利用することで、ソリューションを迅速に構築できるようになりました。ゼロタッチのプロビジョニングを使用して、大規模でも安全にデバイスをオンボードして接続します。新しいデバイス一括管理機能により、デバイスを大規模で管理し、デバイスの再起動、リセット、更新などの頻繁なジョブを完了することが、非常に簡単かつ迅速になりました。 IoT Show の新しい機能のデモ ビデオをご覧ください。 

Azure IoT Central を使用することで、クラウド開発の複雑さが軽減されるだけでなく、クラウドへの接続性も向上します。例として、IoT Central の機能を MultiConnect® ConduitTM  のプログラム可能なゲートウェイに統合するために、モノのインターネット (IoT) 向けの通信ハードウェアの有力なプロバイダーである MultiTech と協力しました。この新しいパートナーシップにより、Modbus で接続された機器から直接 IoT Central へのシームレスな接続が可能になり、概念実証から大規模展開までが他に類を見ないほどシンプルになります。

最近発表された拡張機能のセットに加えて Azure Functions を使用して、カスタムのアプリケーションやインフラストラクチャを設定しなくても、ビジネス ロジックを実行するサーバーレスのワークフローをトリガーすることができます。Microsoft Flow 向けの IoT Central コネクタによって、コードなしの統合のための数百の公開コネクタが利用可能になり、Connected Field Service (CFS) などの強力なシナリオを使用して、問題を積極的に検出して解決することで、コストのかかる予定メンテナンスを削減することができます。

Webhook を使用すると、IoT Central アプリを他のアプリケーションやサービスに接続して、リモート監視や通知を行うことができます。IoT Central アプリで特定の規則がトリガーされたときに、自動的に他のアプリケーションに通知します。新しい IoT Central コネクタと Webhook のアクションにより、IoT Central を残りの事業に接続して、デジタル改革への道のりの最終段階を迎えることができます。

 

一括更新と管理のためにジョブを使用する

ユーザーは、ジョブ機能を使用してデバイスの一括管理アクションを実行できるようになり、デバイスを大規模で管理することができます。これらの更新は、デバイスのプロパティ、設定、コマンドで動作します。

デバイスの一括管理は簡単です。[new Jobs (新しいジョブ)] タブに移動し、[+new (+新規)] ボタンをクリックしてジョブを作成します。次に、ジョブの名前、説明、デバイス テンプレート、ジョブの種類などの基本情報を入力します。そこから、ジョブを適用する特定のデバイスを選択し、実行します。

clip_image002

Microsoft Flow に接続しています

Microsoft Flow 内で IoT Central コネクタを使用すると、IoT Central 内で規則が作動したときにワークフローをトリガーできます。該当のコネクタでアクションを使用してデバイスを作成したり、デバイスのプロパティを更新したり、デバイスを削除したりすることができます。この新しい機能は、規則を作成して [Microsoft Flow Action (Microsoft Flow アクション)] を選択すると見つかります。そこから、ユーザーは堅牢な Microsoft Flow デザイナーに移動し、Microsoft Teams への通知、Dynamics の更新、Twitter への投稿など、構成済みコネクタをいくつも設定できます。現在、Flow のコネクタは 30 日間の試用版とすべての有料アプリで動作します。

clip_image004

Microsoft Flow をアクションとして選択すると、ユーザーは Flow の Web アプリに移動し、Microsoft Flow でサポートされているアクションを設定して IoT Central アプリケーションに追加できます。プロセスの詳細については、Flow のドキュメント ページをご確認ください

新しい Webhook アクションを使用する

Webhook を使用すると、IoT Central アプリを他のアプリケーションやサービスに接続して、リモート監視や通知を行うことができます。IoT Central アプリで特定の規則がトリガーされたときに、自動的に他のアプリケーションに通知します。

IoT Central アプリは、規則がトリガーされると POST 要求を他のアプリケーションの HTTP エンドポイントに送信し、ペイロードにはデバイスと規則トリガーの詳細情報が含まれます。ユーザーは、アクションとして [web hook] を選択することにより、[new rule (新しい規則)] 画面で Webhook アクションを設定することができます。

clip_image006

Webhook の使用に関する詳細と完全なチュートリアルについては、Webhook のアクション ページを参照してください。

IoT Central アプリがもっと多くの作業を行えるようにするために、ユーザーは 1 つの規則に 5 つまでのアクションを追加できるようになり、ユーザー エコシステム内のユーザーと他のサービスの両方に通知するプロセスが効率化されます。

機能と能力のフルセットについて確認するには、無料試用版を開始し、IoT Central の Web サイトで詳細を参照してください。チュートリアルを含むドキュメントを参照して、最初のデバイスを接続してください。フィードバックやご質問がおありですか?iotcfeedback@microsoft.com までお気軽にお知らせください。

最新のニュースを含む Azure IoT のポートフォリオについては、Microsoft Azure IoT のページをご覧ください。