ナビゲーションをスキップする

Microsoft Build での Azure の総括: どこでも自分の思い通りに優れたものを作る

2021年5月26日 に投稿済み

Vice President, Azure

1 年と少し前に開催された Microsoft Build 2020 は、COVID-19 パンデミックの初期にオールデジタル化された Microsoft 初の重要イベントでした。Microsoft は、このパンデミックの間、ビジネスや社会の継続性にこれまで以上に重要な存在となった開発者を確実にサポートしたいと考えました。このような困難な状況の中、開発者のおかげで、大小さまざまな企業が、お客様や従業員をサポートするという目的を果たすために、成長、変革、さらには再構築を続けることができるのです。

Microsoft Azure の使命は、人々や組織が目的を持って発明できるよう支援することです。Microsoft は、さまざまな意味で私たちの世代のデジタル ファースト レスポンダーやパイオニアである開発者と、彼らがイノベーションで推進する広範な組織をサポートできることを誇りに思っています。今週開催された Microsoft Build 2021 では、データと AI の力を活用し、どこでも動作するインテリジェントでコネクテッド、かつセキュアなクラウドネイティブ アプリの開発を支援する多くの新機能を発表しました。以下は、今週のMicrosoft Build で発表された主な内容と、詳細を確認する方法です。

Microsoft のエンドツーエンドの開発者プラットフォームで開発者のベロシティを向上させる

開発者が開発者のために作った会社として、私たち Microsoft の目標は、開発者がお客様の現実のニーズに対応できるようなアジリティを提供することです。Microsoft Cloud は、開発者がアプリやソリューションを構築して、地球上のあらゆる人に届けるために使用できる、非常に包括的なプラットフォームです。 開発者のベロシティを加速し、開発者がどこにいても生産的に構築し、安全にコラボレーションし、スケールの大きい革新を行うことができるようにするために、Microsoft がとっている最新のステップをご紹介します。

Azure でデータと AI の力をアプリケーションに活かす

すべての開発者に無限のスケール、選択肢、可能性を提供するために、Azure がそれを支えます。Microsoft の開発者へのコミットメントは、Azure を、データと AI の力を活用するインテリジェントなアプリケーションを開発するための最高のクラウドにすることです。開発者が Azure のデータと AI サービスを簡単かつコスト効率よく利用できるようにする、エキサイティングな新機能とオファーの最新のセットについて詳しくご覧ください。

どこでも実行できるクラウドネイティブ アプリケーションを構築

Azure を利用しているお客様は、コンテナー、マイクロサービス、サーバーレス機能、API 中心の設計などのクラウドネイティブ テクノロジを活用して、未来のアプリケーションの構築に成功しています。Microsoft は、この成功をオンプレミス環境やエッジの場所、さらには他のパブリック クラウドにまで拡大できるよう支援しています。Azure Arc によって Kubernetes 上やどこでも利用できるようになったターンキー アプリケーション サービスによって、開発者がアイデアをアプリケーションにすばやく変換する方法について詳しくご確認ください。

Azure は、エンタープライズ Java アプリケーションのホームです

開発者は Azure 上で Java アプリケーションを最新化して拡張することで、生産性、スケール、柔軟性を高めることができます。Azure のオープン プラットフォームによって、幅広い開発者ツールの統合、フル マネージドのコンピューティング、データベース、プラットフォーム サービス、そしてお客様が Java を使用して素晴らしいことを実現することを支援する、広範なパートナー サービスが提供されます。Microsoft は、自社での Java の使用に加えて、コミュニティや Java 開発者のエクスペリエンスを向上させるプロジェクトへのサポートを通じて、Java に多大な投資を行っています。Azure 上の Java で何ができるのかについて、最新情報をご覧ください。

Microsoft Azure でオープンソース アプリケーションを自分の方法で柔軟に運用する

開発者は、最高のツールと構成要素を備えたオープンなプレイグラウンドとして Azure を使用することで、革新的なアプリケーションを構築する力を得ることができます。Microsoft は、開発者がインフラストラクチャをコントロールし、オペレーティング システム、データベース、言語、開発ツール、手法に関わらず、最高の柔軟性を提供できるように Azure を設計しました。開発者が Microsoft Azure 上でオープンソースを使って柔軟に開発し、迅速にイノベーションを起こせるようにするための最新の取り組みについての詳細をご確認ください。

デプロイと管理を簡略化する新しい Azure 機能

世界中の企業が、Azure を使用してビジネスクリティカルなアプリケーションを大規模に構築、デプロイ、管理しています。企業とその開発者が優れたソリューションの構築に集中できるよう、Microsoft はアプリケーションのデプロイと管理のエクスペリエンスを継続的に向上させています。これには、Bicep などのイノベーション、Elastic と Azure のネイティブ統合など、開発者がアプリケーション開発中にインフラストラクチャをより簡単に立ち上げられるようにすることが含まれます。その他の Azure インフラストラクチャの強化についての詳細をご確認ください。

分析および予測分析情報によってビジネス アプリケーションのデータを活用する

データの壁がなくなれば、分析の効果が飛躍的に高まることは、お客様の声からも明らかです。現在、ビジネス アプリケーションのデータと分析システムの間にある障壁は、分析情報の発見を拡大する妨げとなっています。Azure Synapse Link for Microsoft Dataverse を使用すると、ビジネス アプリに流れるデータが分析ソリューションにも確実に流れるように自動化することができます。これによりお客様は、高度な分析タスクを別々のワークストリームにするのではなく、ビジネス アプリのデータ管理と並行して実行することが可能になります。

デジタル ツイン、Mixed Reality、メタバース アプリによる物理とデジタルの融合

クラウドとエッジ コンピューティングはかつてないほど融合し、世界中の開発者や組織に大きなチャンスをもたらしています。デジタル ツイン、Mixed Reality、自律システムは、大規模なイノベーションの中核であり、Microsoft のお客様はすでにその恩恵を受けています。この技術的な融合が生み出す可能性と、お客様がどのような恩恵を受けているか、また、この技術をより使いやすくし、すべての開発者や組織の手に届くようにするための Microsoft の取り組みについて、最新情報をご確認ください。 

詳細情報と利用開始

Microsoft と Azure によって、どのようにして、どこにいても、自分の思い通りに素晴らしいものを作ることができるのか、その詳細を知りたい方は、上述した主要なテクノロジと発表を詳細に説明した、Microsoft Build 2021 の主要セッションをご覧ください。

また、今すぐ Azure の無料アカウントを作成して、Azure の詳細を確認し、12 か月間の無料サービスを開始することができます。


Azure。目的を持って創造する。