投稿者: Sumant Mehta

Azure Data Lake Storage Gen2 を使用したイベント駆動型の分析

2019年6月26日

最新のビジネスでは、リアルタイム処理とバッチ処理に分析パイプラインが採用されています。これらのパイプラインに共通するのは、データが多様なソースから不規則な間隔で到達するという特性です。このため、タイムリーにデータを処理できるようにパイプラインを調整する必要があるという点で複雑さが増します。

Senior Program Manager, Azure Storage