投稿者: Bahram Banisadr

Event Grid の最新の更新によるイベント駆動型アーキテクチャの簡略化

2019年5月29日

イベント駆動型アーキテクチャは、より動的に劣るポーリング ベースのシステムを次々に置き換えたり、追い越したりしながら、IoT シナリオ、データ処理タスク、インフラストラクチャ オートメーション ジョブにサーバーレス コンピューティングのメリットをもたらしています。

Program Manager, Event Grid

Event Grid が新しくなり、より安定したイベント駆動アプリケーションが Azure に登場

2019年2月19日

今回は、クラウド アプリケーション アーキテクチャのコアな構成要素であるイベント駆動プログラミングの登場をお知らせいたします。次の機能が一般に利用できるようになったことで、より高度で、高性能で、安定したイベント駆動アプリケーションを Azure で構築できるようになります。

Program Manager, Event Grid

Event Domains により、正しいイベントを正しい場所に配信する

2018年10月31日

Event Grid のコミュニティが大きくなるにつれて、多くの人がどれほど複雑なことができるか、どのくらいの規模でできるかを探ってきました。私たちは、このプラットフォーム上に構築されたいくつかのシステム アーキテクチャを見て、とても驚かされました。

Program Manager, Event Grid

Improving the development experience worldwide with Event Grid

2018年7月24日

Since our updates at Microsoft //Build 2018, the Event Grid team’s primary focus has been delivering updates that will make it easier for you run your critical workloads on Event Grid. I’m excited to announce that we have released dead lettering of events to blob storage, configurable retry policies, availability in all public regions, Azure Container Registry as a publisher, and SDK updates as well as portal updates!

Program Manager, Event Grid