ナビゲーションをスキップする

AI、コンピューター ビジョン、関連技術により IoT ソリューションを拡大する 4 つの方法

2021年9月7日 に投稿済み

Director, Channel Marketing

白字で「AI と高度な技術でよりインテリジェントなソリューションをデプロイする」と書かれたホワイトペーパーの画像

毎日 500 万箇所の自動車の溶接部を検査するには、17 ミリ秒ごとに溶接部の品質をチェックする能力が必要ですが、これは人間には不可能なことです。この種の品質管理タスクは、コンピューター ビジョンと AI の組み合わせが得意とする多くの分野の一つです。

カメラやマイクなど、IoT ソリューションで使用されるさまざまな高性能センサーは、物理とデジタルの世界を結びつける役割を大いに果たしています。AI の分析能力を備えたデバイスを使用することで、ソリューションで医療画像をすばやくスキャンして潜在的な異常を検出したり、機械のノイズを聞いてメンテナンス上の問題を発見したり、さまざまな環境でより徹底した遠隔監視を行ったりすることができます。

Intel と Microsoft Azure は、AI のディープ ラーニング機能、コンピューター ビジョン、音声やスピーチの機能など、インテリジェントな IoT 技術やサービスをデプロイできるよう、連携して企業を支援しています。これらの機能を追加することで、ソリューションではより多くのビジネス上の課題を解決することができます。また 2 つ以上のものを組み合わせることで、たとえばコンピューター ビジョンと AI の両方を追加することで、IoT ソリューションの潜在的な用途を大きく広げることができます。

詳しくは、ホワイトペーパー『AI、機械学習、コンピューター ビジョンによる IoT ソリューションの強化』をご覧ください。

企業が AI とコンピューター ビジョンのメリットを活かすための 4 つの方法

AI や機械学習アルゴリズムの強みは、膨大な量のデータを人間よりも早く分析し、リアルタイムに意思決定を行えるということです。次に、Intel と Azure のテクノロジを使用した IoT ソリューションをさまざまなシナリオで役立てるための 4 つの方法を紹介します。

1.一般的な IoT 対応アプリケーションの改善

AI、コンピューター ビジョン、音声またはスピーチ テクノロジにより、遠隔監視や予測メンテナンスなど、一般的な IoT 対応タスクを強化することができます。複数のビデオ ストリームを自動分析することで、動きや異常な動作を検出し、それらが発生したときに即座に通知を送ることができます。コンピューター ビジョンを使用すると、遠隔医療テクノロジによって自宅にいる患者を遠隔監視することができます。また、マイクを使用して産業用機械から音を収集し、通常の動作音とのずれを分析することで、メンテナンスが必要な時期を把握することができます。

2.従業員の安全、患者のケア、顧客サービスの向上

コンピューター ビジョンと AI を組み合わせることで、人々の安全性を高めることができます。医療技術者が医療画像をスキャンする際に、これらの技術によって自動的に異常が検出され、さらに検査が必要な画像を医療担当者に通知することができます。また、AI と機械学習アルゴリズムは、ビデオ ストリームを分析して従業員の安全を監視し、潜在的な危険がある場合は警告を発することができます。小売店では、同様のシステムにより、混雑した空間での顧客数を制限したり、在庫を監視して商品の再注文が必要な場合に従業員に通知したりすることができます。

3.開発者とユーザーの複雑さの軽減

IoT デバイスやサービスが進化してもなお、テクノロジ プロバイダーはそのデプロイを簡素化しようと試みています。Intel と Azure はどちらも、IoT プラグアンドプレイ対応デバイスの設計を開発者に奨励しており、Intel® Distribution of OpenVINO™ ツールキットなどのツールキットを提供することで、迅速な接続とデプロイのスピードアップを図っています。ここに注力することで、デバイスやシステムを日常的に使用する人々により適切に理解してもらえるようになります。

4.投資収益率の向上

高度なテクノロジを加えることで、IoT ソリューションの投資収益率 (ROI) が早まる可能性もあります。Microsoft IoT Signals Report の調査によると、IoT ソリューションに AI を使用している企業は、ソリューションに AI を使用していない調査対象企業と比較して、学習段階のプロジェクトが少なく、購入段階のプロジェクトが多いという結果が出ています。また、AI を導入している企業の 96% が IoT テクノロジ対する全体的な満足を示しています (IoT 導入者の 87% と比較)。また彼らは、IoT をビジネスの成功に欠かせないものと考えている傾向が強く、IoT への投資や利用が拡大しています。このテクノロジは、企業のコストと時間を大幅に削減する可能性を秘めています。たとえば、DC Water は AI を活用したビデオ分析ソリューションにより、下水道管の検査を合理化しました。これにより、下水道管のスキャン コストを 75% 削減し、3 年間で 350% の ROI を生み出すことができます。

IoT ソリューションの高度なテクノロジについての詳細情報

IoT テクノロジが進化するにつれ、そのビジネス上の課題を解決する能力も高まります。高度な機能を追加することで、そして特にそれらを相互に連携させることで、IoT ソリューションのデプロイがお客様の組織にもたらす有益な効果が倍増します。

Intel と Azure のパートナーシップは、さまざまな業界のあらゆる規模の企業が、目標達成に向けて適切な IoT デバイスやサービスについて簡単に学び、選択できるようにすることを目的としています。両社は、エンドツーエンドのソリューションを構築するために必要なハードウェア、ソフトウェア、エッジおよびクラウド サービス、そしてサポートを提供しています。さらに、Microsoft の技術を利用して、製造業、小売業、医療、交通機関、スマート スペースなどでの利用をターゲットとした市場対応型のソリューションを構築するパートナー企業が増えています。

AI やコンピューター ビジョンなどの高度な技術によって IoT ソリューションに新たな機能をもたらす方法については、ホワイトペーパー『AI、機械学習、コンピューター ビジョンによる IoT ソリューションの強化』をご覧ください。 このホワイトペーパーでは、AI、コンピューター ビジョン、および関連機能を業界固有のシナリオで実装することに成功した実際のソリューションを紹介し、さまざまなユース ケースにおいて、さまざまなハードウェア、プラットフォーム、ツールがどのようにして投資収益率を最大化するのに役立つかについて説明しています。

持続可能性のためにエッジ ソリューションを活用するコンテスト

Intel は、AI、インテリジェント クラウド、エッジ コンピューティングを活用して、環境負荷の低減に焦点を当てたソリューションや新しいユース ケースを生み出すことも目指しています。Microsoft などの支援を受けた InnovateFPGA コンテストは、Intel の Cloud FPGA 接続キットと Azure サービスを使用してプロジェクトを開発する、エコロジーに関心のある学生、専門家、スタートアップ企業、愛好家を対象としています。賞金が提供されるこのコンテストは、今年を通じて行われます。提案は 2021 年 9 月 30 日までで、2022 年 6 月に最終選考が行われます。