サービス終了まで残り 4 か月:Access Control Service

2018年6月25日 に投稿済み

Pricipal PM Manager, Cloud Identity

Access Control Service (ACS) は、正式にサービスを終了いたします。現在ご利用中のお客様は、引き続き 2018 年 11 月 7 日までご利用いただけますが、それを過ぎると、ACS サービスが停止しすべての要求がエラーとなります。

今回のブログ記事では、ACS サービスの終了に関する当初の発表記事の補足事項をお届けします。

影響を受けるユーザー

上記の影響を受けるのは、Azure サブスクリプションで ACS 名前空間を 1 つでも作成しているお客様です。たとえば、Service Bus のお客様が Service Bus の名前空間の作成時に ACS 名前空間を間接的に作成したケースなどが該当します。アプリやサービスで ACS を使用していない場合は、特別な対応は必要ありません。

必要な対応

ACS を使用している場合は、移行の計画が必要になります。最適な移行パスは、ACS を使用しているお客様の既存のアプリやサービスの状況ごとに異なります。サポートが必要な場合は、移行ガイドをご利用ください。ほとんどの場合、移行の際にコードを変更する必要があります。

アプリやサービスで ACS を使用しているかどうかは、後述の方法で確認できます。2018 年 4 月に Azure Portal での ACS の提供が終了してからは、名前空間の一覧を確認するためには Azure サポートに問い合わせる必要がありました。しかし、今後はその必要はありません。

Access Control Service PowerShell の提供を開始

ACS PowerShell は、Azure クラシック ポータルの ACS 機能を丸ごと置き換えたものです。詳細については、PowerShell ギャラリーからダウンロードするための手順に従ってください。

ACS 名前空間の一覧を表示して削除する方法

ACS PowerShell をインストールしたら、以下の簡単な手順に従って ACS 名前空間を特定し、削除することができます。

1.Connect-AcsAccount コマンドレットを使用して、ACS に接続します。

2.Get-AcsSubscription コマンドレットを使用して、利用可能な Azure サブスクリプションの一覧を表示します。

4.Get-AcsNamespace コマンドレットを使用して、ACS 名前空間の一覧を表示します。

Azure のお客様が 2014 年より前に Azure Service Bus にサインアップした ACS 名前空間である場合が最も多いと考えられます。これらの名前空間は、–sb という拡張子によって識別できます。Service Bus チームは移行ガイドを提供しており、今後も同チームのブログで最新情報をご案内する予定です。

5.Disable-AcsNamespace コマンドレットを使用して、ACS 名前空間を無効にします。

この手順はオプションです。移行が完了したと思われる場合は、名前空間を削除する前に無効にすることをお勧めします。無効にすると、要求に対して https://{your-namespace}.accesscontrol.windows.net から 404 応答が返されます。無効にしなかった場合、名前空間は変更されず、Enable-AcsNamespace コマンドレットを使用して復元することができます。 

6.Remove-AcsNamespace コマンドレットを使用して、ACS 名前空間を削除します。

この手順を実行すると、名前空間が完全に削除されて復元できなくなります。

お問い合わせ

ACS 終了の詳細については、最初に ACS 移行ガイドをご確認ください。お客様に適した移行オプションが見つからない場合、または ACS の終了に関するご質問やご意見がございましたら、acsfeedback@microsoft.com までご連絡ください。