データ主導型のワークスペース

IoT と AI がスマート ビルディングの可能性を広げる

This resource is available in 日本語.

Published: 10/18/2018

スマート ビルディングが世界中に根付いていることは周知の事実です。数多くのデータ収集センサーと高度な 分析を用いて施設管理を最適化するスマート ビルディング戦略の開始を促したのが、エネルギーの利用をより 適切に管理したいという願望でした。実際、Harvard Business Review Analytic Services が世界各地の 405 名に及ぶ商業不動産の開発者、所有者、および居住者を対象として実施した調査でも、66% のグローバル組 織が、スマート ビルディングの一番のビジネス推進要因はエネルギー管理であると回答しています。 このレポートでは、スマート ビルディングのイ ニシアチブを、データ収集センサーと分析機能を 用いて、施設のコスト、エネルギーの利用、イン フラストラクチャのメンテナンス、および物理ス ペースの利用をより適切に管理するためのイニ シアチブとして定義しています。