Azure VMware Solution

Azure でネイティブに VMware ワークロードを実行

オンプレミスの VMware 環境を Azure に移行または拡張

VMware ベースのワークロードをお客様のデータセンターから Azure にシームレスに移行し、VMware 環境を Azure と統合できます。使い慣れた VMware ツールを使用して既存の環境を引き続き管理し、ネイティブ Azure サービスでお客様のアプリケーションを最新化できます。Azure VMware Solution は、VMware により検証済みの Microsoft のサービスで、Azure インフラストラクチャ上で実行されます。

VMware ワークロードのスケーリング、自動化、迅速なプロビジョニングをグローバルな Azure インフラストラクチャ上で実現します。

既存の VMware の投資、スキル、ツール (VMware vSphere、vSAN、vCenter など) を引き続き使用できます。

ネイティブの Azure の管理、セキュリティ、サービスを使用して VMware ワークロードを最新化できます。

Microsoft Windows と SQL Server のワークロードに最適なクラウドとしての Azure を活用できます。

VMware 環境を Azure とシームレスに統合

VMware ワークロードを Azure に簡単に移行し、弾力性、スケール、迅速なプロビジョニング サイクルによって生産性を向上させることができます。API 呼び出しまたは CLI を使用して Azure portal で vSphere VM を表示および作成し、デプロイを自動化して、シングル サインオンを有効にします。コンピューティング、監視、バックアップ、データベース、IoT、AI の幅広い Azure サービスでワークロードを強化します。

営業担当者へのお問い合わせ

Azure で既存の VMware 投資を使用する

既存のデータセンターを統合、廃止、拡張するときに、追加の容量にオンデマンドでアクセスできます。VMware の HCX テクノロジを使用して Azure にシームレスに移行し、既にお使いの VMware ツール (vSphere クライアント、NSX-T、Power CLI、またはよく使用される DevOps ツールチェーン) を使用して、引き続き環境を管理することができます。vSphere ベースのアプリケーションを Azure に再デプロイするときに運用の継続性を確保し、複雑なアプリケーションのリファクタリングを回避できます。

詳細はこちら

Azure の専用クラウド インフラストラクチャ上のデプロイ

Azure のオペレーティング プラットフォームとバックエンド インフラストラクチャを活用して、VMware vSphere、vSAN、NSX-T の各プラットフォームをネイティブかつ大規模に実行できます。フル マネージド、シングル テナントのベアメタル Azure インフラストラクチャ上でワークロードを実行することで、ハードウェア インフラストラクチャの調達、展開、管理の煩わしさが解消されます。Azure ExpressRoute など、さまざまな接続オプションから選択し、保護された高速かつ低遅延の接続を使用して保存データと転送中のデータを暗号化できます。

ExpressRoute の詳細はこちら

Microsoft ワークロードは Azure で最適に動作します

Azure は Windows Server と SQL Server 向けに選ばれるクラウドです。Azure では、インテリジェントなセキュリティ、シームレスなハイブリッド機能、独自のコスト削減オプションを利用できます。Windows Server と SQL Server のワークロードについて Azure を信頼している、あらゆる規模のお客様に加わりましょう。最近の Microsoft の調査によると、Windows Server のクラウド移行を検討している企業のお客様は Azure を選択する可能性が 30% 高いことがわかりました

Windows と SQL Server が Azure で最適に動作する理由

Azure が VMware ワークロードに最適なクラウドである理由

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回るコンプライアンス認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

IT コストを削減

マネージド インフラストラクチャでコストを削減し、ビジネス ニーズの変化に応じて環境をオンデマンドで拡張または縮小します。Azure ハイブリッド特典を利用して Azure 上で Windows Server および SQL Server の既存のオンプレミス ライセンスを再利用し、コンピューティング リソースを予約価格で事前に購入することで、月額の従量課金でコストを削減できます。延長セキュリティ更新プログラムのオファーを利用することで、Windows Server と SQL Server 2008 および 2008 R2 のワークロード用にセキュリティ更新プログラムを 3 年間延長できます。

開発者向けドキュメントとリソース

クイックスタート テンプレート

Azure VMware Solution を使用して VMware プライベート クラウドを Azure にデプロイする方法についてご確認ください。

Azure Resource Manager を使用して、コミュニティ提供のテンプレートでリソースをデプロイできます。

コード サンプル

数百個のコード サンプルを活用して、Azure サービスをアプリに統合します。

SDK とコマンドライン ツール

選択した言語およびプラットフォーム向けの SDK をダウンロードし、スクリプトを使用してサービスを管理します。

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

DOT

"Our business critical workloads depend on cloud infrastructure that is 'always on' and Microsoft Azure VMware Solution by CloudSimple will enable us to meet our disaster recovery and business continuity needs without having to change our existing VMware infrastructure. Microsoft and VMware are longtime partners of Dot Foods and we're excited at how this integration will help us save time and money as we work to modernize our application portfolio."

Dot Foods, Inc.、インフラストラクチャ アーキテクト、Eric Ellerman 氏

Azure VMware Solution の更新プログラム、ブログ、お知らせ

Azure VMware Solution についてよく寄せられる質問

  • はい、Azure VMware Solution の一般提供が開始されました。お客様のリージョンでの提供状況の詳細については、リージョン別の Azure 製品の提供状況をご覧ください。
  • Azure VMware Solution は、Microsoft によって開発、運用、サポートされており、VMware による支援を受け、クラウド認定されています。
  • まず、Azure Portal で Azure VMware Solution にアクセスして、AVS プライベート クラウドを立ち上げます。また、Microsoft アカウント チームまたはご希望のチャネル パートナーと協力して作業することもできます。
  • Azure VMware Solution の一般的なシナリオは次のとおりです。

    • データセンターの設置面積の削減、統合、廃止

      VMware ベースの仮想マシンを一度だけ再デプロイすることで、データセンターの設置面積を削減します。基になる vSphere ハイパーバイザーを変更せずに、中断を伴わない自動化されたスケーラブルかつ可用性の高い方法で、vSphere ベースのワークロードを Azure にリフト アンド シフトします。

    • 必要に応じたデータセンターの拡張

      データセンターの容量を短期間にオンデマンドでシームレスかつ弾力的に拡張または増強し、コストを調整できます。

    • ディザスター リカバリーとビジネス継続性

      Azure にデプロイされた VMware スタックを、オンプレミスのデータセンター インフラストラクチャのオンデマンドのプライマリまたはセカンダリ ディザスター リカバリー サイトとして使用できます。

    • アプリケーションの最新化

      VMware ベースの環境を再構築しなくても、Azure エコシステムを活用してアプリケーションを最新化できます。

  • Azure VMware Solution はファースト パーティの Azure サービスであり、Microsoft のサポート チームと直接連携して作業することをお勧めします。このソリューションは VMware によって完全にサポートされ、検証されており、Microsoft は必要に応じて VMware と協力して問題に対処します。
  • vCenter、vSphere Client、vRealize Operations、NSX Manager、Power CLI、API 呼び出しなど、VMware のオンプレミス環境の管理に現在使用している VMware ツールを使用します。また、VMware HCX テクノロジを使用して、移行作業をサポートすることもできます。
  • 新しい Azure VMware Solution では、Microsoft と VMware が直接クラウド プロバイダーのパートナーシップを組み、VMware の支持の下で、新しいソリューションは Microsoft がすべて設計、構築、サポートします。アーキテクチャ上、ソリューションは Azure 専用インフラストラクチャで実行されている VMware テクノロジ スタックと一貫性が保たれています。
  • 既存の Azure VMware Solution by CloudSimple には変更はありません。ソリューションは引き続き Azure 上でサポートされます。Azure VMware Solution は、Microsoft のサービス レベル アグリーメント SLA によって支えられています。お客様は、運用環境のワークロードに対してサービスを引き続き使用する必要があります。これは、Microsoft のサービス使用条件によって管理され、一般提供が開始されているソリューションです。
  • はい。Azure VMware Solution では、HCX などの使い慣れた VMware ツールを使用した移行がサポートされています。一般提供開始時に新しいソリューションへ移行することに関心があるお客様は、担当の Microsoft アカウント チームと連携して、使用可能なオプションとサポートをご確認ください。