Azure グローバル インフラストラクチャ

他のクラウド プロバイダーを上回る、60 を超えるリージョン

Azure を使用して、持続可能で信頼できるクラウド インフラストラクチャの新しい世界を発見する

信頼できるクラウドでデータを保護する

Azure では、物理的なデータセンター、インフラストラクチャ、運用全体で多層セキュリティを利用できます。業界をリードする物理的なセキュリティ システムや、コンプライアンス認証およびプライバシー標準の包括的なポートフォリオを使用して、お客様のビジネス資産とデータを保護できます。

信頼性に優れたクラウドの詳細情報

持続可能性の目標を達成する

Microsoft Azure を使用すると、従来のエンタープライズ データセンターを使用する場合よりも、最大 98% のカーボン効率化を実現できます。成長を続ける業界リーダーのコミュニティにご参加ください。彼らは Azure を使用してエネルギー使用量を減らし、さらにカーボン ニュートラルなグリッドに移行しています。

Microsoft は、2012 年以降カーボン ニュートラルであり、2030 年までにカーボンネガティブとなり、1975 年の創業以来、直接的に排出してきたカーボンを 2050 年までに完全に排除します。Microsoft 独自の持続可能性の取り組みから学んだ教訓を活用し、低炭素社会の未来につながる支援を行います。そしてお客様は、お客様独自の持続可能性の目標を達成することができます。

Azure の持続可能性についての詳細情報

自信を持ってミッションクリティカルなシステムを実行する

Azure は、お客様とパートナー様が信頼できるエンタープライズレベルのクラウド インフラストラクチャを提供します。これには、冗長電源、ネットワーク、冷却装置などの物理的な要素に加え、安全なデプロイ プロセス、影響なしのメンテナンス、機械学習で実現できる障害予測などのソフトウェア要素が含まれます。

Azure を使用すると、お客様のサービス レベルの目標が何であれ、お客様の組織の信頼性に関する目標を達成することができます。高可用性、ディザスター リカバリー、バックアップのシナリオ全体において、自信を持ってミッションクリティカルなシステムを設計および運用するのに役立つ、組み込みの機能をご活用ください。

Microsoft と共に信頼性を実現する方法についての詳細情報

未来のインフラストラクチャを採用する

お客様のクラウド ワークロードに対応できるよう、Microsoft が Azure データセンターのパフォーマンス、効率、電力消費、コストをどのように改善しているかについて説明します。これには、水中データセンター、液浸冷却プロジェクト、水素燃料電池テクノロジなどのインフラストラクチャのイノベーションが含まれます。

これらのイノベーションの恩恵を受けられるように、Azure は Open Compute Project の一環として、サーバーとデータセンターのインフラストラクチャの設計を共有し、セキュリティと標準化を強調しています。これにより、クラウドのグローバル データセンターのデプロイに対して、優れた業界のエコシステムを推進できます。

Azure を使用して未来に備えるための詳細情報

Azure グローバル インフラストラクチャの用語ガイド

  • Azure グローバル インフラストラクチャは、物理インフラストラクチャおよび接続ネットワーク コンポーネントという 2 つの主要なコンポーネントで構成されています。物理コンポーネントは、160 か所を超える物理データセンターで構成されており、リージョンに整理され、世界最大規模の相互接続ネットワークの 1 つによってリンクされています。

    グローバルな Azure ネットワークの接続により、Azure の各データセンターでは、クラウド インフラストラクチャ内で、高可用性、低遅延、スケーラビリティ、最新の機能強化を実現しています。これらはすべて、Azure プラットフォームで実行されます。

    これらのコンポーネントにより、データは信頼された Microsoft ネットワーク内に完全に保持され、IP トラフィックが公衆インターネットに入ることはありません。

  • Azure データセンターは、ネットワークに接続されたコンピューター サーバーのグループを収容する、世界中に存在する一意の物理的な建物です。
  • Azure リージョンは、待機時間で定義された境界内でデプロイされ、低遅延の専用リージョン ネットワークを使用して接続された一連のデータセンターです。

    他のどのクラウド プロバイダーよりも多くのグローバル リージョンを提供している Azure を利用すると、お客様は必要に応じてアプリケーションを自在にデプロイできます。Azure リージョンには、個別の価格とサービス可用性があります。

  • Azure 地域は独立したマーケットです。通常、1 つ以上のリージョンを含み、データ所在地とコンプライアンスの境界を保持します。地域では、データの保存場所とコンプライアンスに関して特定の要件を持つお客様が、データとアプリケーションを近くの場所に維持できます。地域はフォールト トレラントであり、Azure の大容量の専用ネットワーク インフラストラクチャへの接続によって、リージョン全体の障害に耐えられます。
  • Azure Availability Zones では、Azure リージョン内の一意の物理的な場所であり、データセンターの障害からアプリケーションとデータを保護する高可用性を提供しています。それぞれのゾーンは、独立した電源、冷却手段、ネットワークを備えた 1 つまたは複数のデータセンターで構成されています。

    可用性ゾーンはリージョン内で物理的に分離されているため、施設レベルで問題が発生した場合でもアプリとデータを保護できます。ゾーン冗長サービスによって Azure Availability Zones 全体にアプリとデータがレプリケートされるため、単一障害点から保護されます。

  • Azure グローバル ネットワークとは、ネットワーク内のすべてのコンポーネントを指し、Microsoft のグローバルなワイド エリア ネットワーク (WAN)、ポイント オブ プレゼンス (PoP)、光ファイバー、その他で構成されています。
  • Azure Edge Zone は、Azure のフットプリント拡張機能であり、人口の密集した地域に配置されています。Azure Edge Zone では、待機時間の影響を受けやすくスループットの大きいアプリをエンド ユーザーの近くで実行できるようにする、仮想マシン (VM)、コンテナー、および一部の Azure サービスがサポートされています。

    Azure Edge Zone は Microsoft グローバル ネットワークの一部であり、(ユーザーの近くの) Azure Edge Zone で実行されているアプリと、より広い Azure リージョン全体で実行されている完全な Azure サービス セットとの間に、セキュリティで保護された、信頼性の高い、高帯域幅の接続を提供します。

  • Microsoft のグローバルなワイド エリア ネットワーク (WAN) は、世界中のリージョンで数百のデータセンターに接続し、高可用性と大容量を提供します。予測不可能な需要の急増に迅速に対応できる柔軟性を備えているため、グローバル WAN は、優れたクラウド サービス エクスペリエンスを提供するうえで重要です。
  • Azure のポイント オブ プレゼンス (多くの場合、PoP と略記されます) は、トラフィックが Microsoft グローバル ネットワークを出入りするアクセス ポイントまたは物理的な場所です。
  • リージョン ネットワーク ゲートウェイは、リージョン内のデータセンター間の高度に並列化されたハイパースケールのデータセンター相互接続です。個々のデータセンターをリージョン内の他のデータセンターそれぞれとネットワーク接続する必要はありません。

    これにより、1 つのデータセンターで接続の問題が起きても、より広いリージョンで問題が発生することがなくなります。また、新しいデータセンターを追加する際に、既存の各データセンターに直接ネットワーク接続をルーティングする必要もなくなります。

待機時間を減らしてパフォーマンスを向上させる

Azure とそのグローバル ネットワーク インフラストラクチャで、高速な分散インフラストラクチャに投資し、最新のアプリ、接続されたデバイス、モバイル サービスの主要なパフォーマンスの障壁の 1 つである、待機時間の問題を実質的に排除する方法についてご確認ください。

Azure Edge Zones は、コンピューティング、ストレージ、エッジでのコンテナーなどのサービスを提供します。これを使用して、お客様の大規模なデータと接続の要件に対し超低待機時間のアクセスを実現する方法を詳しくご確認ください。

準備が整ったら、いつでもすぐに無料アカウントをセットアップできます