Connected Factory

コネクテッド ファクトリで業務効率を向上

以下のデモは、企業が Microsoft Azure IoT ソリューションを利用し、OPC-UA フレームワークを介して Industrie 4.0 とクラウド対応デバイスを活用する方法の例です。

製造業者は、工場を簡単に中断なく接続することで、効率やパフォーマンスに関するデータなど、有用な運用情報を取り込み、分析し、視覚化することができます。イベントが発生してから対処するのではなく、イベントを予防的に管理し、最終的に完全に自動化できます。

Azure IoT ソリューション アクセラレータであるコネクテッド ファクトリは、インフラストラクチャとアーキテクチャが事前に構成されているため、企業は安全でグローバルなプラットフォーム上で迅速に利用を開始できます。

グローバル ビュー

工場ビュー

生産ライン ビュー

機械ビュー

問題の解決

手順 1/4

グローバルな概要

グローバルな概要ダッシュボードでは、製造業務の全体像を把握できます。

手順 2/4

重要なレポート

パフォーマンス、効率、生産性など、施設の状態を一目で確認できます。

手順 3/4

アラートのログ記録

重大なアラート、停止のほか、運用面や効率面での異常はすべて、迅速に解決するためにエスカレートされます。

手順 4/4

アラートのエスカレーション

ドイツの施設で重大なアラートが発生しています。詳しく見てみましょう…

手順 1/3

工場レベルの KPI

個々の工場レベルでは、この特定の場所の KPI とアラートの概要が表示されます。

手順 2/3

生産の詳細

各生産ラインを個別に表現、監視、分析できます。効率や生産性の概要もほぼリアルタイムで表示されるので、問題を特定できます。

手順 3/3

重大なアラート

この施設で発生している重大なアラートは、車の部品を製造している生産ライン 6 に関係していることがわかりました。もっと詳しく調べてみましょう…

手順 1/3

生産ライン ビュー

このレベルでは、特定の生産ラインの概要が表示され、生産データ、機械の稼働時間、および実際のデバイス データ メトリックが提供されます。

手順 2/3

特定の機械の分析

故障や異常が起きている具体的な部品を特定できます。このラインのロボット アームに問題があることがわかりました。

手順 3/3

対象のアラート

このサイトには警告やエスカレーションがいくつか発生していますが、重大なアラートは 1 つだけです。このデバイスのアラートは温度に関係しています。クリックして、このアームの問題を確認しましょう。

手順 1/4

機械ビュー

機械レベルでは、デバイスの生データ、パフォーマンスのほか、予測分析の結果も表示できます。

手順 2/4

詳細な分析

ここでは、デバイスの実際のメトリックと値をほぼリアルタイムで表示できます。デバイス自体の KPI、稼働時間、および残りのスケジュールされた要件も表示されます。

手順 3/4

コンテキストに即した意思決定

このデバイスはかなりの期間稼働可能なはずですが、ダッシュボードでは予期しない故障がかなり早期に発生すると予測されています。

手順 4/4

対応策の実施

ここでは、重大なアラートを選択して対応策を取ることができます。

手順 1/2

問題への対処

アラート パネルには、ほぼリアルタイムのデータに加え、履歴情報も表示されます。データの視覚化により、しきい値違反と、部品が故障する前に対応が必要であり、生産が停止する可能性があることが明確に示されています。

手順 2/2

ビジネス統合

Dynamics365 とフィールド サービスの統合により、技術者をサイトに呼ぶことができます。メンテナンスは、生産スケジュールへの影響を最小限に抑えるために、シフトの合間の都合の良い時間にスケジュールできます。