Cognitive Services の製品条項を改定

2018年2月15日 に投稿済み

今回は Microsoft Cognitive Services チームによる記事をご紹介します。

マイクロソフトでは、データに関するマイクロソフトのコミットメントが企業の皆様にとってきわめて重要であることを認識しています。お客様がより細かく管理できるように、Microsoft ではお客様のデータに関する Cognitive Services の規約を更新いたしました。今回は、この改定が皆様に与える影響についてお伝えします。

2 月 1 日より、Cognitive Services に関して、他の Azure サービスと同一の製品条項を順次適用しています。新しい製品条項では、Cognitive Services ユーザーが自身のデータの所有権限を持ち、管理や削除を行えるようになります。この変更によって、多くの Cognitive Services が、他の Azure サービスに適用されているのと同一の規約に揃えられます。

Computer Vision、Face、Content Moderator、Text Analytics、Bing Speech の各サービスの規約は既に変更済みで、Language Understanding は 3 月 1 日に、Microsoft Translator は 5 月 1 日にそれぞれ更新される予定です。Cognitive Services に新しい製品が追加されるに従い、他の Azure サービスと同じ基準に揃えられます (Bing Search Services を除く)。

Bing Search サービスのデータの取り扱いについては、従来どおりの条項が適用されます。たとえば、Bing Search サービスで使用した検索クエリは、検索アルゴリズムの改良のために利用されます。

今回の改定は、プライバシー保護対策における透明性の向上、およびマイクロソフトがお客様に代わって確実にデータを管理することを目的としたものです。

詳細については、Microsoft のすべてのクラウド製品とサービスのサポート、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、および透明性の実装方法をお知らせするお客様向けリソースであるセキュリティ センターの Cognitive Services セクションを参照してください。

- Microsoft Cognitive Services チーム