Microsoft パートナーが業界と提携して Azure Edge Zones で新しい 5G シナリオを実現

2020年3月31日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Networking

クラウド、エッジ コンピューティング、IoT は業界全体を一変させ、数年前には不可能だった機会を生み出しています。5G モバイル接続が広がりを見せる中、要求が厳しく、待機時間が非常に低く、接続の要件がある、没入型のリアルタイム エクスペリエンスを実現できる可能性がさらに高くなります。5G は、最大 10 倍の速度、信頼性が高く低待機時間の通信、1 平方キロメートルあたり最大 100 万台の非常に高密度なデバイスを利用できるモバイル ブロードバンドを備え、最先端の領域を開きます。

本日は、新しく革新的な進歩である Azure Edge Zones のプレビュー開始をお知らせします。世界中の Azure、5G、携帯電話会社、通信事業者の能力を統合することで、開発者、顧客、パートナー様の新しいシナリオが実現します。

Azure Edge Zones を使用した新しい 5G の顧客シナリオ

Azure Edge Zones と Azure Private Edge Zones を使用すると、一貫性のある Azure サービス、アプリ プラットフォーム、管理をエッジで利用できます。また 5G により、次のような新しいシナリオを実現することができます。

  • 同じ Azure ポータル、API、開発、セキュリティ ツールを使用した、クラウド、オンプレミス、エッジにまたがる分散型アプリケーションの開発。
  • 待機時間が重要な産業用 IoT とメディア サービス ワークロード用のローカル データ処理。
  • ロボティクス、自動化、Mixed Reality の最適化、構築、革新によって、IoT、人工知能 (AI)、リアルタイム分析を加速する。
  • ゲームなどの業界で高解像度グラフィックスやリアルタイム操作を扱う開発者向けの最先端領域。
  • お客様、携帯電話会社、業界パートナーが構築し、進化したプラットフォームを利用することで、AffirmedMavenirNuage Networks from Nokia、MetaswitchPalo Alto NetworksVeloCloud By VMware などのテクノロジ パートナーからの 5G ソフトウェアや SD-WAN およびファイアウォールなどの幅広い Virtual Network 機能をシームレスに統合し、運用することができます。

Edge Zones 1a

以前からの AT&T との連携を基に、Microsoft は携帯電話会社と連携した Azure Edge Zones のプレビューを発表いたします。これにより、Azure のサービスを携帯電話会社のデータセンター内の 5G ネットワークに直接接続することができます。これにより開発者は、パブリック クラウドで利用できる一貫した Azure API とツールを利用し、Azure を使用して最適化されスケーラブルなアプリケーションを作成し、5G ネットワークに直接接続することができます。Microsoft は Dallas in 2019 での AT&T との5G 統合を発表した最初のパブリック クラウドでした。そして本日は、AT&T との緊密な連携により、新しい Edge Zone をこの春にロサンゼルスで利用可能になることをお知らせします。AT&T との Edge Zones に関心のあるお客様やパートナーは、早期導入プログラムにご登録ください。

「これは、世界中の組織が顧客や利害関係者にサービスを提供できるようにする方法を再考する中で、非常に挑戦的なことです。」と Anne Chow 氏 (CEO、AT&T Business) は語ります。「高速かつインテリジェントなモバイル ネットワークは、わたしたちの生活のすべての中心となりつつあります。当社のネットワークに関する知識と Microsoft のクラウドに関する専門知識を組み合わせることで、企業は非常に有利なスタートを切ることができます。」

これらの新しいゾーンによってアプリケーションのパフォーマンスが飛躍的に向上し、非常に低い待機時間、影響を受けやすいモバイル アプリケーション、SIM 対応のアーキテクチャを実行する際の最適なユーザー エクスペリエンスが実現します。

  • オンライン ゲーム: すべてのボタンのプッシュ、すべてのクリックが、ゲーマーにとって重要です。特にマルチプレーヤーのシナリオでは、応答性が重要です。ゲーム開発者は、モバイル向けに最適化されたクラウドベースのアプリケーションを開発できるようになりました。これにより、さまざまな携帯電話会社のサイトで 5G ネットワークに直接アクセスできます。ミリ秒単位の待機時間を実現し、必要な数のユーザーに拡張できます。
  • リモート会議とイベント: 世界規模での健康上の課題に対応するためのデジタル転送エクスペリエンスがますます広がりを見せる中、何千人もの人々がリアルタイムで共有エクスペリエンスをご利用いただけるよう支援しています。ソーシャル エンゲージメント、モバイル デジタル エクスペリエンス、ライブ対話、支払いや処理などのシナリオを実現するには、没入型で応答性の高いエクスペリエンスを提供するための非常に低い待機時間を実現する必要があります。
  • スマート インフラストラクチャ: IoT が台頭する中、組織は、住宅や商用の建物、または都市全体で効率が高く、コストを削減でき、没入型エクスペリエンスを作成する方法を探しています。5G とクラウド コンピューティングにより、組織は何百万ものエンドポイントを確実に接続し、データを分析し、没入型エクスペリエンスを提供することができます。

Azure Edge Zones により、Microsoft はいくつかの携帯電話会社パートナーとのコラボレーションを拡張しており、今年の後半には Azure Edge Zones ファミリを相互顧客にお届けします。

Azure Edge Zones パートナーエコシステムの一覧

携帯電話会社との提携に加えて、今後 12 か月で、特定の都市にスタンドアロンの Azure Edge Zones も提供します。これにより、高密度の市街地でのお客様や開発者がより近い場所で Azure をご利用いただけるようになります。

Azure Private Edge Zones

また、Azure Private Edge Zones のプレビューも発表します。プライベート 5G/LTE ネットワークをオンプレミスの Azure Stack Edge と組み合わせて使用することで、非常に低い待機時間、高いセキュリティ、高帯域幅のソリューションが実現し、組織はAttaboticsなどのシナリオをすることができ、3D ロボットによる Goods-to-Person の収納、取り出し、リアルタイムの注文フルフィルメント ソリューションを使用して、e コマースの配達時間を短縮することができます。このソリューションでは、Azure Edge Zones と IoT テクノロジ (Azure IoT Central や Azure Sphere) を活用しています。

 

「Microsoft とのコラボレーションを通じ、Rogers はプライベート LTE 機能と Azure Edge Zones とを組み合わせ、新しい革新的なソリューションを提供しています。」と Dean Prevost 氏 (President、Rogers for Business) は語ります。「当社は Attabotics を使用して、カナダの企業が、可能性を秘め最新の小売業向け e フルフィルメント ソリューションを使用して従来のサプライ モデルを変革し、5G の未来に向けてのドアを開くことができるよう支援しています。」

Microsoft はさまざまな携帯電話会社、システム インテグレーター、テクノロジ パートナーと提携して、次のようなシナリオを実現するためにお客様のプライベート携帯ネットワークのオーケストレーションと管理をサポートするプラットフォームを立ち上げています。

  • スマート ファクトリ/IoT: オフショアでの運用やセキュリティが分離された施設で、エッジ コンピューティングの機能を利用できるようになりました。セキュリティで保護されたプライベート接続を利用することで、シリコンからセンサーに至るまですべてを接続し、エッジで AI にセキュリティを活用し、デジタルツインをデプロイし、Mixed Reality を使用することができます。
  • 物流と運用: 小売業界のお客様は、オンラインや小売店での販売に非常に高い期待を抱いています。つまり、魅力的な広告を作成して、潜在顧客がオンラインや店舗内の製品から目をそらさないようにするというニーズが生まれています。幅広い選択肢、カスタマイズされたプラン、利便性、可用性は、成功のために必須です。クラウドと分散エッジ コンピューティングの組み合わせを効率的に連携させることで、業界の流れが一変します。
  • 医薬: 遠隔手術から複雑な診断まで、機関を越えたコラボレーション、エッジでの効率的なコンピューティングとストレージ、AI と低待機時間を利用して、命を救うためのさまざまなシナリオを実現できます。プライベート モバイル接続は、病院、患者データ、診断のスマート グリッドとして機能します。Azure テクノロジを活用するため、インターネットに公開されることはありません。

一貫した Edge Zone ソリューション

Azure、Azure Edge Zones、Azure Private Edge Zones を組み合わせて使用することで、企業で使用できる共通かつ一貫したアーキテクチャ備えた分散型アプリケーションのまったく新しい可能性が開けます。たとえば、Azure で本社のインフラストラクチャを運用している企業は、待機時間の影響を受けやすい対話型カスタマー エクスペリエンスで Azure Edge Zones を利用し、リモートの場所で Azure Private Edge Zones を利用することができます。エンタープライズ ソリューション プロバイダーは、一貫性のある開発者向け、管理、セキュリティのエクスペリエンスを利用できるため、開発者は引き続き Github、Azure DevOps、Kubernetes Services を使用して、Azure でアプリケーションを作成し、顧客の要件に応じてアプリケーションを Azure Edge Zones または Private Edge Zones のいずれかに簡単に移動することができます。

「Vodafone 5G とモバイル プライベート ネットワークを Azure Private Edge Zones と組み合わせることで、当社のお客様はクラウド アプリケーションをモバイル デバイスで 1 ミリ秒の応答性で実行できるようになります。このことはたとえば、自律車両および仮想現実サービスにとって不可欠です。これらのアプリケーションには、ビジネス上の効果を高めるためにリアルタイムで応答する必要があるためです。これにより組織は、たとえば、従業員が仮想現実サービス、高速で正確なロボティクス、欠陥検出のための正確なコンピューター ビジョンなどを操作する方法などについて、イノベーションを起こし、運用を変革することができます。また Vodafone と Microsoft は、高性能で革新的かつ安全な作業環境を作成するために必要な機能をお客様に提供いたします。」 - Vinod Kumar 氏 (CEO、Vodafone Business)

Azure Private Edge Zones エンドツーエンド パートナーおよびサービス エコシステムの概要

Azure を使用することによる通信業界での新しい可能性

過去数十年間、携帯電話会社と通信事業者は、相互に接続する方法の開発を進め、テレフォニーや携帯電話の基盤を整えてきました。クラウドと 5G を利用すると、コンピューティングや AI などのクラウド サービスと、モバイルの高帯域幅と低待機時間の接続を組み合わせることによって、新たな可能性が生まれます。Microsoft は携帯電話会社や通信事業者と提携して、組織や開発者が構築した没入型アプリケーションで 5G を利用できるように取り組んでいます。

携帯電話会社、通信事業者、ネットワーク プロバイダーは、Azure のコンピューティング、ストレージ、ネットワーク、AI の各機能を活用し、Azure Edge Zones を使用することで、パートナー様やお客様向けに 5G に対し最適化されたサービスとアプリケーションを構築できます。オンプレミスのプライベート モバイル ソリューションを必要とする組織については、パートナーと携帯電話会社は、Azure Private Edge Zones を使用してプランをデプロイ、管理、構築できます。携帯電話の周波数帯、アクセス ポイント、全体的な管理の複雑さについてお客様が理解するには、支援が必要です。携帯電話会社パートナーは、このような企業が、製造、ロボティクス、小売などのシナリオを管理する支援を行うことができます。

新しいビジネス アプリケーションの機会に加えて、クラウド テクノロジを使用して 5G インフラストラクチャを変革することも必要です。今日では、ほとんどの 5G インフラストラクチャは、資本コストが高く、柔軟性がほとんどない特殊なハードウェア上に構築されています。Microsoft は、新しい革新的な方法で、通信事業者がネットワーク ワークロードのコストを削減し、容量を空けることができるように取り組んでいます。先週、完全に仮想化されたクラウドネイティブ モバイル ネットワーク ソリューションのリーダーである Affirmed Network を買収するための正式契約に署名したことを発表しました。彼らの優れた働きとテクノロジの専門知識に基づき、仮想モバイル ネットワークにおける顧客、テクノロジ パートナー、通信事業者にさらに多くの新しい機会が生まれるように取り組んでまいります。

Microsoft は引き続き、5G と Microsoft の Edge Zone プラットフォームを使用して構築された独自のシナリオを提供できるよう、革新と、新しく優れた方法の探究を続け、お客様に常に最新の情報を提供してまいります。詳細については、こちらのページをご覧ください。また、こちらから最新のニュースをご確認ください。