投稿者: Yousef Khalidi

Peering Service とルーティングの優先順位オプションを使用したインターネット トラフィック向けの最適化

2020年5月28日

先週 Microsoft Build カンファレンスで、Azure Peering Service の一般提供が開始されたことが発表されました。また、お客様が "パブリック インターネット" 経由で Azure との間で送受信されるトラフィックの設計および最適化を進めるための新しいオプションである、"ルーティングの優先順位" も紹介されました。

Corporate Vice President, Azure Networking

Microsoft パートナーが業界と提携して Azure Edge Zones で新しい 5G シナリオを実現

2020年3月31日

本日は、新しく革新的な進歩である Azure Edge Zones のプレビュー開始をお知らせします。世界中の Azure、5G、携帯電話会社、通信事業者の能力を統合することで、開発者、顧客、パートナー様の新しいシナリオが実現します。

Corporate Vice President, Azure Networking

インテリジェント クラウドからインテリジェント エッジまで、ユビキタス コンピューティングを実現し、セキュリティで保護する

2019年11月5日

企業は、ミッションクリティカルなワークロードの実行にクラウドを採用しています。オンプレミスやオフプレミスの接続されているデバイスの数や、そこから生成されるデータは増え続けており、新しい企業向け仕様のネットワーク エッジ アーキテクチャが必要となってきています。Microsoft はこれをインテリジェント エッジと呼びます。データ ソースにより近いところでコンピューティングが行われ、ユーザーは待ち時間を減らすことができます。

Corporate Vice President, Azure Networking

Azure Private Link の発表

2019年9月17日

Azure の採用が急速に進むのに伴い、自社のネットワークからデータやサービスにプライベートかつ安全にアクセスするというお客様のニーズがますます高まっています。こうしたお客様を支援するため、Azure Private Link のプレビューを発表いたします。

Corporate Vice President, Azure Networking

待ち時間がクラウドの新しい通貨に:31 の新しい Azure エッジ サイトの発表

2019年8月27日

自社のクラウド サービス、アプリ、コンテンツへの高速で信頼性の高いアクセスをユーザーに提供することは、ビジネスの成功にとって極めて重要です。 クラウドベースのサービスにアクセスする際の待ち時間は、クラウドの採用または移行を妨げる要素になりえます。

Corporate Vice President, Azure Networking

Azure Networking MSP パートナー プログラムでお客様のエクスペリエンスを向上

2019年7月15日

マイクロソフトは常に、お客様のエクスペリエンスを向上させ、パートナー様が Azure サービスを活用し強化できるようにするためにはどうすればよいかを模索しています。こうした取り組みの一環として、Azure Networking マネージド サービス プロバイダー (MSP) プログラムを実施しています。これは、企業のお客様が Azure で実行しているミッションクリティカルなアプリケーションを接続、運用化、スケーリングできるようマネージド クラウド ネットワークの付加価値サービスを提供するパートナー様を対象としたプログラムです。

Corporate Vice President, Azure Networking

Microsoft Azure Bastion のプレビューを発表

2019年6月18日

世界中の多くのお客様にとって、プライベート ネットワーク上のワークロードや仮想マシンに外部から安全に接続することは困難な場合があります。リモート デスクトップ プロトコル (RDP) や Secure Shell (SSH) を通して接続できるよう、仮想マシンをパブリック インターネットに公開すると、境界が広がることになって、重要なネットワークや接続されている仮想マシンが一層オープンになり、管理がさらに難しくなります。

Corporate Vice President, Azure Networking