投稿者: Mark Russinovich

安全なデプロイ プラクティスを発展させる

2020年2月5日

IT システムをオンプレミスで実行している場合、最高の機能のハードウェアを用意し、サーバールームをロックアップして鍵を捨て去ることで、完璧な可用性を確保しようとするかもしれません。ソフトウェアの面では、IT 部門は従来、変更を可能な限り避けようとしてきました。つまり、OS やアプリケーション、またはその両方について、その重要度が高すぎるために更新プログラムの適用を回避し、そしてユーザーからの変更要求を退けてきました。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

影響がゼロまたは影響の少ないメンテナンス テクノロジの進化の変遷

2020年1月3日

この記事では、7 月のブログ記事からスタートした「信頼性」シリーズを引き続きお届けし、信頼できる一連のクラウド サービスの提供を目指す当社の取り組みの一環として、プラットフォームの可用性の継続的な向上を目的とした進行中のイニシアチブをいくつかご紹介します。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

Azure Ultra Disk Storage:非常に I/O 負荷の高いワークロード向けの Microsoft のサービス

2019年8月15日

本日、Microsoft Azure のコーポレート バイス プレジデントである Tad Brockway 氏により、Azure Ultra Disk Storage の一般提供が発表されました。これは、極めて I/O 負荷の高いワークロード向けに、大量のスループットを 1 ミリ秒未満の待ち時間で提供する Azure Managed Disks オファリングです。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

Azure Lighthouse によってサービス プロバイダーの大規模な管理が可能になる方法

2019年7月11日

Azure Lighthouse は、Azure パートナーが自社のマネージド サービスのプラクティスにコードとしてのインフラストラクチャと自動化を継続的に組み込んでいることにヒントを得たものであり、委任されたリソースの新しい概念を導入して、テナント間の統制と運用を簡略化します。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

信頼のデジタル化:Azure Blockchain サービスでブロックチェーン開発を簡略化

2019年5月2日

デジタル世界のグローバル化が急速に進む中、ビジネス プロセスは複数の組織に関係し、信頼境界を超えるワークフローの管理に多額が費やされています。デジタル トランスフォーメーションが、1 つの企業の壁を越えて、サプライヤー、パートナー、およびお客様と共有されるプロセスへと拡大しているため、それにつれて信頼の重要性が高まっています。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure