投稿者: Mark Russinovich

人工知能による Azure サービス品質の向上: AIOps

2020年6月29日

Mark が「Advancing Reliability」ブログ シリーズを執筆した際に述べたように、Azure のスケールでグローバルなクラウド インフラストラクチャを構築して運用することは、何百ものサービス コンポーネントが常に進化し続け、160 以上のデータセンターと 60 以上のリージョンにまたがっている状況では、複雑な作業になります。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

Azure Lighthouse - 1 つのコントロール プレーンを通じて、クラウド、ハイブリッド、エッジの各環境を大規模に管理する

2020年5月26日

数千ものパートナーや企業が、Azure Lighthouse を使用して Azure テナント全体のサービスを管理しており、1 つのコントロール プレーンである Azure Resource Manager から数万のサブスクリプションと 100 万を超える Azure リソースを表示しています。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

安全なデプロイ プラクティスを発展させる

2020年2月5日

IT システムをオンプレミスで実行している場合、最高の機能のハードウェアを用意し、サーバールームをロックアップして鍵を捨て去ることで、完璧な可用性を確保しようとするかもしれません。ソフトウェアの面では、IT 部門は従来、変更を可能な限り避けようとしてきました。つまり、OS やアプリケーション、またはその両方について、その重要度が高すぎるために更新プログラムの適用を回避し、そしてユーザーからの変更要求を退けてきました。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

影響がゼロまたは影響の少ないメンテナンス テクノロジの進化の変遷

2020年1月3日

この記事では、7 月のブログ記事からスタートした「信頼性」シリーズを引き続きお届けし、信頼できる一連のクラウド サービスの提供を目指す当社の取り組みの一環として、プラットフォームの可用性の継続的な向上を目的とした進行中のイニシアチブをいくつかご紹介します。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure