お知らせはローカル言語で表示されます

Microsoft Azure ブログ

影響がゼロまたは影響の少ないメンテナンス テクノロジの進化の変遷

2020年1月3日

この記事では、7 月のブログ記事からスタートした「信頼性」シリーズを引き続きお届けし、信頼できる一連のクラウド サービスの提供を目指す当社の取り組みの一環として、プラットフォームの可用性の継続的な向上を目的とした進行中のイニシアチブをいくつかご紹介します。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure
もっと読む

Azure Data Explorer and Stream Analytics for anomaly detection

2020年1月16日

Anomaly detection plays a vital role in many industries across the globe, such as fraud detection for the financial industry, health monitoring in hospitals, fault detection and operating environment monitoring in the manufacturing, oil and gas, utility, transportation, aviation, and automotive industries.

Principal Cloud Solution Architect

Turning to a new chapter of Windows Server innovation

2020年1月14日

Today, on January 14, 2020, as Windows Server 2008 /R2 reaches its end of support, we’re beginning a new chapter of innovation in Windows Server technologies that enable our customers to modernize their IT, both in the cloud and on-premises. If you are running business-critical workloads on this popular operating system we recommend that you take the necessary steps to protect these workloads.

Director, Windows Server and Azure Product Marketing

Azure は ISO/IEC 27701 プライバシー標準の認定を受けました

2020年1月13日

このたび Azure は、新しい国際標準である ISO/IEC 27701 のプライバシー情報管理システム (PIMS) に対応したデータ処理業者として認定を受けた米国初の大手クラウド プロバイダーとなりました。PIMS 認定は、Azure が管理と運用制御の包括的セットを提供していることを示しています。これは、組織がプライバシーに関する法律と規制に準拠していることを立証する際に役立ちます。

Senior Compliance Manager, Azure Trust and Compliance

Azure Cost Management 2019 year in review

2020年1月6日

In 2019, Azure Cost Management established a strong foundation that ensures everyone in the organization has a means to report on, control, and optimize costs. Let's take a look at all the changes in 2019 that helped achieve this and what's coming in 2020 to take that to the next level.

Program Manager, Azure Cost Management

影響がゼロまたは影響の少ないメンテナンス テクノロジの進化の変遷

2020年1月3日

この記事では、7 月のブログ記事からスタートした「信頼性」シリーズを引き続きお届けし、信頼できる一連のクラウド サービスの提供を目指す当社の取り組みの一環として、プラットフォームの可用性の継続的な向上を目的とした進行中のイニシアチブをいくつかご紹介します。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure

Azure Stack HCI を HPE Edgeline EL8000 上で実行できるようになりました

2019年12月10日

Microsoft と HPE は、Microsoft の Azure Stack HCI プログラム向けの HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムを検証するためのチームを結成しました。HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムは、特に空間に制約がある環境向けに設計されており、ユニークな 17 インチの奥行きのフォーム ファクターで、他の x86 システムには小さすぎる、制限のあるインフラストラクチャに適合します。シャーシの幅は 8.7 インチで、電気通信の環境、移動車両、製造現場のどのディープ エッジでも、さらに柔軟にデプロイすることができます。この NEBs に準拠しているシステムは、セキュリティで保護されたスケーラビリティを提供します。

Principal PM Manager, CPPE

Introducing maintenance control for platform updates

2019年12月10日

We are taking a look at the preview of a maintenance control feature for platform updates on Azure Dedicated Host and Isolated virtual machines. Using this feature customers can take control of host updates for a period of 35-days in a rolling window. At public preview we are making CLI, PowerShell, APIs available. Portal will come later.

Senior Program Manager, Azure Compute

Microsoft は Azure Stack HCI 用の Lenovo ThinkSystem SE350 エッジ サーバーを検証しました

2019年12月5日

Microsoft と Lenovo は、Microsoft の Azure Stack HCI プログラムに対し、Lenovo ThinkSystem SE350 を検証するチームを結成しました。ThinkSystem SE350 は、特有の要件があるエッジ サーバーを念頭に置いて設計、作成されました。サーバーの場所の制限を拡張するのに十分な汎用性を備えており、さまざまな接続とセキュリティのオプションが提供されています。また、Lenovo XClarity Controller で簡単に管理することができます。ThinkSystem SE350 ソリューションは、厳しい環境でのスマートな接続性、ビジネス上のセキュリティ、管理容易性を重視しています。Azure Stack HCI で検証されたすべての Lenovo サーバーを確認するには、Azure Stack HCI カタログに関するページをご覧ください。

Principal PM Manager, CPPE

Azure Advisor によるクラウドでのオペレーショナル エクセレンスの実現

2019年12月3日

クラウド オペレーションの管理について多くのお客様から質問が寄せられます。たとえば、「リアルタイムのクラウド ガバナンスを大規模に導入するにはどうすればいいか」、「クラウド ワークロードを監視するのに最適な方法は何か」、「必要なときに支援を受けるにはどうすればいいか」といったものです。

Senior Program Manager, Azure

Azure の更新情報

Azure の最近のリリースと Azure 製品に予定されている変更点はこちらでご確認ください。

フィードバックのお願い

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。